パイプオルガン

日本キリスト教会 室蘭教会

パイプオルガンのしくみ

鍵盤で操作する管楽器です。

 

フルー(唇)管とリード管といわれるパイプによって構成されています。

 

フルー管は、音を出すパイプで人間の唇と同じように人目につくところに置かれ、リード管は、一枚のリードの構造で音を出すパイプで視野から隠されているところに置かれています。

 

日本キリスト教会 室蘭教会

パイプオルガンの音色

多彩な音色をもっている楽器です。ストップとよばれる音色選択のノブによって、複数のパイプから発音するパイプを選びます。ストップの切り替えや複数の鍵盤の使い分けで、鍵盤の鍵数よりも広い音域や強弱を表現できるのです。

 

日本キリスト教会 室蘭教会

パイプオルガンあれこれ

森有正

「思索の源泉としての音楽」(PHILIPS)から

 

 あの暗かった満州事変から支那事変を経て、太平洋戦争の終末に到る数年間、言いようのないつらい日日の間、私はバッハと共にあった。戦争になる直前、丸善からドイツに註文してとり寄せたペテルス版のバッハのオルガン全集は、戦争の期間を通じて、私の最も尊い伴侶でもあった。雨の日も風の日も、明治学院、青山学院、立教大学の礼拝堂のペダル・オルガンやパイプオルガン転々として、レメンスやバッハを奏いた。また戦争末期には、家族が信州に疎開したので、ひとり勤め先の東大近くのYMCAに住み、同宿の、今は文化財調査官をしている吉川需君と、ペダルの部とマヌエルの部とを分けあって、舎内の大型のオルガンでバッハの曲をたくさん奏いた。こうして、バッハは私の生活にほとんどなくてはならないものになってしまった。

 

 

 

森有正

「バッハをめぐって」(1974924―27日 NHKテレビ「女性手帳」)(PHILIPS)から

 

 はじめピアノをやっていましてね、……ピアノの練習曲のなかに、時々バッハのやさしい曲が出てまいりますね。それがあるとき、ある組曲のなかの一部が出てきまして、あればブレだったかジークだったか忘れましたけれども、それが非常に美しい、殊に、その転調が非常に美しくってですね、そこに実に人間の感情が転調によって、いわゆる変貌して現れてくる、そういう美しさ、これはほとんどほかの作曲家の作曲ではしられないような、一種の転調の美しさっていうのがありました。それと同時に、これはあとでわかったことですけれども一種の対位法的な、あればだいたい二部の曲ですけれども、ソプラノとバスとですね、この二つが実に美しい対位法的な結びつきかたをしています。これは、小学校の子どもですから、もうほとんど無意識にそれを聴いていたんですけれども、こういう立派な音楽のもっと難しい曲を将来奏きたいものだと思って、それで私にピアノを教えていた母に聞きましたら、これはバッハという人で、一番いい曲はオルガンにあるんだということを聞きましてね、それで私、中学に入ったあとで、オルガンに楽器を変えたんです。それが私のオルガンのはじめです。

 

 

 

 

高橋たか子

「森有正との出会い」から

 

 

 ……私はふいに森有正という人に会って話をしたいと思い立った……

 

パリまで森有正に会いに行ってパイプ・オルガンのことを話し合いたいという、それだけの目的であった。できれば御自宅にあるとかいうパイプ・オルガンを弾いて聴かせてほしいと思った。……

 

私が森有正に会いに行こうと思い立った理由は、……テレビでバッハのことを話していられるのを聞いたからである。……その話のなかで私を惹いたことの一つは次のようなことである。――自分は小学校の時からピアノを習っていて、小学校の二年の頃に或る曲をあたえられ、弾いてみると、それはこれまで決して聴いたことのないような、いいようもなくいい曲であった。いったい何の曲なのかと母に訊ねると、バッハだと教えられた。それ以来、バッハを弾き続けることになった……云々。

 

……この話を私に忘れがたくさせたものは、小学校低学年でバッハをいいようもなくいいと感じたというような人の、宗教的感受性なのである。……

 

バッハとこういう出会いかたをした人は、本質的に私と似たところのある人だろうと思い、殊にパイプ・オルガンを偏愛する私は、パイプ・オルガンでバッハを弾き続けていられる森有正のなかに、宗教的感受性における同類を感じたのであった。